児童養護施設 清光園

清光園について

トップ児童養護施設 清光園>清光園について

清光園について

大切なあなたへ

一人ひとりの子どもが
大切にされていると感じることができ
子どもの育みを支え
将来に希望が持てる生活を保障します

園 訓

明るく

自分の気持ちが素直に言える子ども
人の気持ちはわかる子ども

正しく

善悪のけじめがわかり、考えて行動する子ども
社会のルールを守る子ども

強く

何事も最後まで頑張る子ども
みんなで力を合わせる子ども

施設の目的

 児童福祉法に基づき、乳児を除く18才未満の保護者のいない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童を入所させて、家庭に代わって養護し、児童がよき社会人として自立できるように育成することを目的とします。

施設での生活

 清光園では、集団生活を送っているのでいくつかのルールはありますが、子どもたち一人ひとりの思いを大切にし、その子の特性に応じた援助を行っています。
 また、家庭や地域とも連携し、ともに歩む施設として子どもの成長を見守っています。

施設の沿革

昭和26年 1月 児童養護施設「朝倉子どもの家」として山口県知事認可
昭和33年 4月 社会福祉法人「朝倉子どもの家」として厚生大臣認可
昭和40年 6月 山口県山口市小郡に新築移転し、名称を改め、社会福祉法人「清光園」として厚生大臣認可
昭和62年 3月 山口県山口市阿知須に園舎完成
平成13年 1月 地域交流ホーム完成
平成14年10月 こども家庭センター「清光」事業開始
平成16年11月 小規模グループケア事業開設

施設の概要

経営主体 社会福祉法人 清光園
創立年月日 昭和26年1月1日
定 員 45名
清光園について年間行事予定表相談実績清光園からの詳しいお知らせ